スマホ通信費の圧縮について【アプリ編その2】

ども
通信費をダウンさせる通信会社との戦いで一番簡単に勝利する方法は
スマホを使わなければ良いわけです・・・。
しかし、それではスマホを持っている意味がありません。
そこで、この戦いに勝つ為には敵の事を知らなければなりません(オーバー?)。
やはり、便利さを捨てると言っても、
スマホを使う上では通信が必須ですし、便利なアプリの利用もしたい訳です。
しかしそれは、当然パケ代として跳ね返ってくるわけです。

  • どのアプリが
  • どれだけの

通信をしているかをキチンと把握し、現状を把握するかが肝になってきます。
素晴らしいアプリは3Gには通信をしない設定とかできるのですが、ユーザの
意図していないパケットをバックグラウンドで使用するアプリも多々あります。
これ等を意識しないとパケ代の圧縮はできないのです。

そんなわけで、導入すべきは、このアプリ。
トラフィックモニター

アプリ毎のパケットがWi-Fiと3Gでそれぞれ判別出来ます。
このアプリでチェックしながら、

  • 使いすぎを後悔したり(笑)
  • 意図していない通信をしているアプリを探し出します。

つまりスマホ通信費の圧縮について【アプリ編その1】で紹介したAPNをON/OFFする
アプリで3G回線をONにした時に勝手に通信しているアプリを調べるわけです。

その結果わかった事、フリーなアプリで広告が入るものは通信するので、
3G通信時には使わないか、アプリをアンインストールする事にします。
(ただより高いものはないって事ですね(笑))

でわー


You may also like...

4 Responses

  1. G より:

    root取って、droidwallでWhiteListが最強です。
    root取得後の動作保証はしませんが(笑)

    • kenichi より:

      >Gさん こんにちは。
      Rootして・・・って奴は知ってはいるんですが・・・。
      度胸がないんです(笑)。 
      Ihoneの脱獄はしてみましたが(笑)
      でわー

  2. T^o^mmy より:

    やっぱ、3G回線切って、
    Wi-Fiでしょ。
    ただ、地下鉄と建物(S造・RC造)内はダメですが…。

  3. kenichi より:

    UQ使ってるんだけどね~。家と会社はWifiで・・・。

    問題はチャリで郊外に行った場合だね・・・・。
    Wi-Maxは圏外率高いです~。

kenichi にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。


表示されている文字を入力してください! それ以外は任意です。